気になる!話題の店で働くには

話題の店に応募するなら相手の事情も考慮しよう

記事一覧

採用側の事情も考慮

ネットでバイト探し

ネットでバイト探し

ネットが発達していない時代は、バイト探しも非常に苦労の多いものでした。バイト情報誌を購入し、1枚1枚ページをめくっては求める条件を満たした求人を探し、記載されている電話番号に電話して面接のアポを取り、それに通過することができたらやっと働くことができるという手順を経る必要があったのです。もし面接の結果、不採用となってしまえばそこまでの時間も手間もすべてムダ。効率が悪くバイトとして働くためのハードルは高いものでした。しかし今は、ネット上に無料で見ることのできるバイト求人サイトが無数に存在しています。昔に比べると驚くほど手軽にバイト探しができるようになっているのです。

応募するなら電話よりネットがお勧め

もちろん今でも有料の求人誌は存在しています。しかし、紙の情報誌ではいざその求人に応募しようとしても、電話しか応募方法がないことも多いのではないでしょうか。電話での応募には、直接そのバイト先のスタッフと話ができるといったメリットもありますが、それ以上にデメリットも多いため、できれば電話ではなくネットを使って応募すると良いでしょう。
ネットを利用して面接の申し込みをするメリットのひとつとしては、まず自分自身が緊張しないで済むという点があります。短い電話の中で言わなければならないこと、聞かなければならないことも多く、どれだけ心の準備をしていても上手に話せないという人は多いのではないでしょうか。その点ネットなら、必要事項を記入して送信するだけ。何度も確認してから送信することができますので緊張することもありませんし、伝え忘れもありません。また電話の場合は、しっかりと必要事項を聞いたつもりでも聞き間違えてしまう可能性がありますが、メールなどネットでのやり取りならそんな事態も起こりにくいのです。

電話は採用側にとっても負担が大きい

応募者側からは見落としがちなネット応募のメリットとしては、採用担当者にとっても応募者からの連絡に時間を取られなくて済むという点があります。電話で応募する場合、始業からすぐの時間帯やお昼休憩の時間帯など電話対応がうまくできない時間には行わないというマナーがあります。しかしそれ以外の時間であっても、採用担当者にとっては業務時間中であることに違いはありません。業務が忙しいときにバイト応募に対応しないといけないということは、採用側にとっても負担の大きいものなのです。ネットを利用した応募なら採用担当者の手が空いたときに確認できるため、落ち着いた状況できちんと内容を確認することができます。
ネット応募は採用側にとっても応募者側にとってもメリットの多い方法なのです。