気になる!話題の店で働くには

話題の店でバイトを始める!初日のマナー

記事一覧

成功するバイト初日のマナー

初めて出勤するときに注意すること

初めて出勤するときに注意すること

面接を無事に通過し、さて初出勤というとき、初めてのバイトの場合は特にどのように振る舞えば良いのか分からないということもあるかもしれません。最初に出勤するときは、バイトといえど様々なマナーや注意点がありますのでよく確認しておきましょう。
まず気を付けておきたいのが、勤務開始時間に関することです。一般的に始業時間といえば、「働き始める時間」です。例えば17時に勤務開始と言われていたとして、その時間にバイト先に到着したのではすぐに働くことができません。制服に着替えたり身だしなみを整える時間が必要なことも考え、始業時間より少し早めに到着しておくようにしましょう。また、初日の場合は特に道に迷ってしまったり、ビルへの入り方がわからなかったりと戸惑う可能性もあります。時間に余裕をもって行動するようにしましょう。ただし、あまりに早く職場に到着してしまうとあなたを迎え入れる準備ができていない場合もあります。指定された時間の15分ほど前に着くくらいを心がけると良いでしょう。
また、飲食店や小売店の場合、従業員と一般のお客さんでは出入り口が別になっていることがあります。スタッフとしてどこから出入りすれば良いのかということは、前もって尋ねておくと安心です。

あいさつと自己紹介のポイント

初出勤ということで緊張しているかもしれませんが、同じ職場で働くことになるスタッフと顔を合わせたときには、自分から元気良くあいさつをするようにしましょう。新人としてお世話してもらうことになる立場ですから、できるだけ良い印象を与えられるようにしたいものです。「今日からお世話になる○○と言います。よろしくお願いします」とあいさつをしておくことで、早く顔と名前を覚えてもらうことができますし、相手からも名前を教えてもらうことができるため、バイト仲間や上司の顔や名前も早く把握することができます。知っている人がいないからと黙っているのではなく、積極的にコミュニケーションを取るようにしましょう。ただし、相手が忙しそうなときに無理して話しかけるのはNGです。慌てる必要はありませんので、手が空いたときを見計らって声をかけるようにしましょう。
なお、朝礼などでみんなの前で自己紹介やあいさつを行う場面もあるかもしれません。その場合は、「年齢」や「住んでいるエリア」「趣味」などを簡単に紹介できれば大丈夫です。ガチガチになってかしこまったあいさつをしなくても、明るく元気に簡潔な自己紹介ができればそれで十分です。もし同年代のバイト仲間が多いようなら、友だちに呼ばれているニックネームなども合わせて紹介しておくと早くみんなと打ち解けられるかもしれません。ぜひ試してみてください。